ブログパーツ デイトレ

近親相姦・SM・露出・羞恥・スカトロ・レイプなど比較的ハードな内容を含む自己満足的オリジナルゲイ小説、そして画像&動画紹介
体験談は小説風にアレンジして投稿しています
動画・画像
問い合わせ
体験談
topshitagi.gif
動画紹介

あなたは18歳以上ですか? YES / NO

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2BlogRanking [18禁同性愛]

職場凌辱 本能編(23) 

前回のストーリー

「よし、もっと奥まで咥えてみろ」

さらに根本までチンポを咥え込み、自ら顔を上下してチンポをしゃぶりだす。
舌で亀頭を刺激し、中川さんのプリプリのケツタブを両手で揉む。

「健太、気持ち良いぜ」

俺のフェラに感じてくれているのか?
もしそうなら素直に嬉しい。
さらに俺は喉奥へチンポを押し込むが、ここで初めて嘔吐を感じ咽た。

「おいおい、無理するなよ(笑)」

俺は、それでも中川さんが感じる声を聞きたくてフェラを続けた。
ヨダレが口元から垂れる。

そのときだった、「失礼します」という声とともに大学生のバイトと思われる若い男の店員が個室へ入ってきた。
驚いた様子だったが中川さんは意に介さない。

「おぉ、すまんな、ビールを追加で頼むわ」
「か…かしこまりました」

中川さんは、店員の呼び出しボタンを押したようだ。
俺の心臓はバクバクと脈打つ。
しかし、なんだろう、この感覚は…

「すまんな、こいつがチンポしゃぶらせてくれって懇願するもんでな」
「そ…そうですか…」

「見ろよ、コイツのチンポ。ギンギンに勃起してるだろ?」
「うわっ!マジで勃起してるっすね」

店員は興味深々の表情で俺の口元や股間、そして顔をジロジロと見始めた。

「すっげぇ~、チンポしゃぶって興奮するってことはホモっすか?」
「俺はホモじゃね~よ、コイツが男好きでな」

中川さんは俺を蔑み店員にウソを言っている。
でも俺はチンポをしゃぶって興奮していることは事実だ。

それなら、俺はホモなのか?

「で…では、ビールをお持ちしますので、少々お待ちください」
「了解」

店員は出て行った。

「よし、健太、もういいぜ、やめろ」

チンポを口から離し俺は中川さんを見た。

「どうだった?」
「…」

中川さんは俺の股間を揉んだ。
俺は抵抗しない。

「ビンビンじゃね~か」
「…」

「男のチンポを咥えて感じてたんだろ?素直になれよ」
「は…はい」

「ちゃんと言葉に出して言え」
「お…俺はチンポを咥えて感じました」

「よし、良い子だ(笑)」

そう、俺は感じていた。
違和感や嫌悪感なんて全くなかった。

「店員に見られて興奮してたじゃね~か?」
「…」

「お前の親父も露出好きだから、血は争えないってことだな(笑)」

俺は顔を真っ赤にしてうつむく。
中川さんはそんな俺を見て満足そうにグラスに残っていたビールを飲み干した。

「失礼します」

先ほどの店員がビールを持って戻ってきた。
俺を見ている。

「すまんな、じゃぁ、グラスへついでくれるか?」
「かしこまりました」

「さっきは驚いただろ?」
「はい、正直、びっくりしました」

「もっと見たいか?」
「いやぁ…そうっすね、でも、今は無理ですが…」

「これは俺の携帯番号だ。この変態野郎を見たいときはいつでも連絡くれ」
「はい!見るだけっすか?」

「何してもOKだ」
「マジっすか!必ず電話します!」

俺のグラスへビールをつぐとき、覗き込むようにして股間を見ている店員。
恥ずかしいけど、まだ勃起しているのでスラックスははち切れんばかりになっている。

「気になるか?」

中川さんが店員の視線に気づいて言った。

「え…いやぁ…デカそうだなって思って」
「健太、見せてやれよ」

俺は、中川さんの命令に従った。
何故だかわからないけど、命令に背けないんだという思いが強かった。

その場に立ち上がり、スラックスと下着をいっきに足首まで下した。
ギンギンに勃起したチンポが2人の男の前に晒される。

あぁ…見られている。
俺は…俺は感じている…。

「デカいっすねぇ~」
「コイツは健太って言うんだ。見られ好きのホモだぜ(笑)

「すっげぇ~」
「まぁ、時間あるときにでも電話くれよ」

「分かりました!必ず電話します!もう行かないと店長に怒られるので…」
「おぉ、じゃぁな」

名残惜しそうな店員は部屋から出て行った。

「変態親父の息子は、やっぱり変態だったな(爆笑)」
「…」

「チンポ晒しておきたい気持ちは分るがサッサとズボン穿けよ!おっと、その前に記念写真を撮っておかないとな。下半身だけマッパになってそこへ立て」

「は…はい」

俺は素直に従う。

数枚の写真を撮り満足そうにデジカメの写真をチェック。

「さっさとズボンを穿けよ、変態!」
「は…はい」

中川さんの口調が変わった。
数分前までの優しさは感じられず、冷たい命令口調になっている。
そのとき俺は気付いた。

これは、中川さんの罠だったのかもしれないと…

つづく
FC2BlogRanking [18禁同性愛]
ノンケのプリケツ&ケツ穴
jydtytyut.png
アクセスランキングTOP15


当ブログをリンクしていただくとランキングへ参加いただけます。
リンク

NewGサーチ
boys-bn.gif
sindbadggrgagr.gif
gayart.gif
gixlink.gif


アクセス数:
現在の閲覧者数:


出会い系
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。