ブログパーツ デイトレ

近親相姦・SM・露出・羞恥・スカトロ・レイプなど比較的ハードな内容を含む自己満足的オリジナルゲイ小説、そして画像&動画紹介
体験談は小説風にアレンジして投稿しています
動画・画像
問い合わせ
体験談
topshitagi.gif
動画紹介

あなたは18歳以上ですか? YES / NO

職場凌辱 運命編(7) 

前回のストーリー

「あぁ、スッゲェ…口マン最高だぜ…アァ…」
「へへへへ、コイツのケツマンはガバガバすぎだっての(爆笑)」

2人は俺を性処理道具としか見ていない。
俺の穴を使ってスッキリするだけ。
そのことで俺は空虚な思いを抱く、一方で、今まで感じたことのない感情が芽生え始めていることに気付いた。2人から再び上下の口を犯され始め、まず感じたのは、1時間前と比べると若干ではあるが心に余裕が生まれているということだ。これ以上ひどい仕打ちはされないだろうという思いと、見知らぬ男達ではるが1時間以上一緒にいて性格などが何となく分かってきたからだろう。そしてもうひとつ感じたこと、それは、チンポをしゃぶること、チンポを肛門へ挿入されることに嫌悪感を抱いていないということだ。これはどういうことだろうか…


「好き者の変態野郎!何がノンケだよ、チンポ好きのばりばりのホモじゃんか(笑)」
「ケツも相当感じてるみたいだしな(笑)」

俺を罵倒しながら2人は穴を犯し続ける。

「なぁ、チンポ2本同時にケツへ挿入できるかな?ビデオみたいにさ」

そう言ったのはベンチで休んでいた20代後半の男。
ケツを掘っている男が答えた。

「やってみようぜ、来いよ」

手招きしながらも激しく腰を振り続ける。
男は、ベンチから立ち上がり、既にギンギンに勃起したチンポを扱きながら近づいてきた。

「悪いな、こいつを仰向けに寝かせるぜ」

とフェラをさせてる男に向かって言う。

仰向けの俺の体へ大量のローションを垂れ流し、3人の男が覆いかぶさってきた。
1人は、俺の口を犯す為に顔に覆いかぶさる。
残りの2人は、俺の下半身に連なるようにして覆いかぶさる。

喉奥深くまで突き刺さるチンポ。
吐き気を我慢するので精一杯だが、無意識のまま口をすぼめ舌を動かす。

「口マン最高だぜ、どうよ、2本入りそうか?」

1本のチンポはスンナリ挿入された。
2本めのチンポは…戸惑ってる様子で、いろいろ試してみたものの、結局、うまくいかなかった。

「ダメか?」
「面白くねぇ~(笑)」

2本同時に挿入することを提案した男はそうつぶやいた。
しかし、その代わりとばかりに、極太のハリガタを持ち出し、既にチンポが挿入されているアナルへあてがった。

「入るか?」
「余裕、余裕(笑)」

そしてハリガタが強引に挿入された。


ウゥッ!?
グゥゥッ!!!



肛門が裂ける激痛が走る。



グゥゥゥゥ…アァァァッ…!!
ングゥグゥッ…

ゥゥッ…



口を犯され続ける俺は叫ぶことすら出来ない。


「へへへへ、入ったぜ」

得意げに言いながらハリガタを動かす。

「ウォッ!ガバマンの締まり良くなったぜ(笑)」そう言って腰をさらに激しく突き上げる。
「どういたしまして(爆笑)」

「すげぇな、コイツのマンコ」

ギャラリーに徹している男達もニヤニヤしながら鑑賞している。



グゥッ…
ンゥ…

ンゥ


「変態犬も喜んでるぜ(笑)」
「涙とヨダレ垂らしてるぜ、コイツ(爆笑)」


グアッ…アナルが裂ける…

痛ぇ…
痛ぇ…よ…

ングゥ…

ァァ…




強烈なアナルの痛みと口がチンポで塞がれていて呼吸がしづらかったこともあり、俺は気を失ってしまった…

「おい、こいつ気を失ったぜ」
「マジかよ」

ベンチに座って眺めていた2人がニヤニヤしながらタバコに火とつけた。

「だらしねぇな(笑)」
「気持ち良過ぎったってか(爆笑)」

つづく
FC2BlogRanking [18禁同性愛]

職場凌辱 運命編(6) 

前回のストーリー

「コイツ、まだ勃起させてるぜ」
「へへへへ、もともと変態だからチンポをぶち込まれ続けて喜んでんだ」
「先走りダラダラ垂れてるじゃん(爆笑)

10人いた男たちは、いつの間にか5人へ減っていた。
残った5人は、最初から積極的に俺を陵辱していた男たちだ。
その中には、撮影に没頭している中森も含まれている。
中森以外の3人は下半身だけ裸の格好のままベンチに座り、泥と精液まみれになってグッタリする俺を罵倒しながらニヤニヤと見ている。

「おまたせ、ジュース買って来たっす」

5人の中で一番若い男が戻ってきた。
駐車場の奥に設置されている自販機へ行っていたようだが下半身は裸のままだ。

「お前、その格好で行ったのかよ(笑)」
「汚れてるから服着たくなくて…」

「田中と同じ変態露出狂になっちまいぜ(笑)」
「勘弁してくださいよ~」

そんな会話をしながらジュースを配る男。

「ありがとよ」

それぞれが礼を言ってジュースを受け取る。
俺のぶんのジュースもあり、どこから持ってきたのか、皿の中にジュースを注ぎ俺の前に置いた。

「よし、変態、お座り!」

「へへへへ、豚から犬に格上げか(爆笑)」
「ちゃんと撮影しておけよ」
「任せてください!」

中森は先ほどから一度もカメラを置かず、行為の一部始終を撮影し続けている。

「おい、さっさと座れよ!」

大学生は俺の顔を踏みつけ地面に押し付けた。

「グアァァッ…」

「おいおい、可愛い犬に乱暴すんなよ」
「言うこと聞かないからお仕置きっすよ(爆笑)」

俺は戸惑いながらウンコ座りした。
そのとき、アナルからザーメンが流れだしたのに気付いた者はいない。

「チンポ勃起させたままってのが気に食わないけど、変態だから仕方ないか(笑)」
「お手」

差し出された手のひらに右手を出す。

「お代わり」

右手を引っ込め左手を出す。

「チンチン」

俺は両手を胸の位置に揃え、ウンコ座りの状態のまま上半身を持ち上げる。
そのとき、アナルから勢いよくザーメンが流れ出し、同時に大量の空気が放屁された。

「おいおい、屁をこきやがった(爆笑)」
「ウケル~(爆笑)」

一同は大爆笑している。

「あ~あ、せっかく種付けしたのにザーメンが流れ出してしまったぜ」
「ったく、この犬は世話をやかせるぜ」

「ジュースの前に、地面に流れ出たザーメンを飲み干せ」
「さっさとしろよ!」
「早くしろ!」

俺は向きを変え、ドロの上に流れ出たザーメンへ口をつける。
ドロッとした感触は既になく、また白濁も既にしていなくて、ほぼ無色透明のその液体へ舌を伸ばす。
ベンチから立ち上がった男が俺の顔を地面に押さえながら「ほら、もっとしっかり飲めよ!」とドスの聞いた声で命令する。

ドロにしみ込みはじめたザーメンを飲むのは不可能に近いが、その命令どおりに実行するしか選択肢はなく、泥水のようなものを飲む。

「よし、いい子だ」


「へへへへ、それにしも、こんな変態に出会えるとは今夜は最高だぜ(笑)」
「見ろよ、コイツ、1時間以上もチンポ勃起しっぱなしっすよ」
「好き者ってことだ(爆笑)」


「俺は3発目をコイツの口でヤルとするわ」
「オッちゃん、元気だねぇ(笑)」
「オッちゃんって呼ぶな、俺は、まだ30代だっての(笑)」


「俺の2発目は、1発目と同様ケツマンコでヤルわ」
「オッサン二人は絶倫です(笑)」
「お前ぇ、俺もまだ40代前半だぜ、黙ってろ(笑)」


5人は、友人のように軽口を言い合っている。
ジュースを買ってきた男が俺の眼前に皿を置きジュースを注いだ。
喉の渇きに負けた俺は、それを犬のようにペロペロと四つん這いになって飲む。

「素直になってきたな、コイツ(笑)」
「犬、犬、犬(爆笑)」

ベンチから男が立ち上がり、ペロペロとジュースを飲む俺のケツタブを両手で押さえつけ、「3発目のいきます!」とおどけながらチンポをアナルへいっきに挿入した。既に拡張されたアナルには痛みはなかった。いや、正確には、アナルが切れて腫上がっているために鈍痛が走っているが、引き裂かれるような痛みは感じないということだ。

「ガバガバ~(爆笑)」
「まだジュース飲んでやがるぜ、コイツ(笑)」

「ジュースのあとはザーメンだ」

そう言って、別の男が俺の顎を持って顔を上げチンポを押し込んだ。
ジュースのお陰で喉が潤い、リフレッシュできたことにより、先ほどから朦朧とし始めていた意識が戻ってくるのを感じた。

「おぉ!犬野郎、激しく吸い付いてきやがるぜ(笑)」
「へへへ、コイツ、腰を動かしやがる」

「淫乱野郎!」
「変態!」


ァア…
ングゥ…ァ…

ハァハァハァ…

ァァ


1時間以上陵辱され続け、感覚がおかしくなってきたのか、自身の意図しないままに舌が動く、腰が動く…そう、それは、本能のままに動く犬のように…

つづく
FC2BlogRanking [18禁同性愛]

職場凌辱 運命編(5) 

前回のストーリー

「ヤバイ…お…俺…もうイク!」

「若いのに早すぎるぜ、兄ちゃん(笑)」
「今夜一発目の種付けだな!」


激しくチンポが直腸を刺激する。
アナルが裂ける…

ハァハァ…

痛ぇ…
助けてくれ…

ハァハァ

ァァ…


「よし、変態の田中さん、お…俺、イ、イク…ゼ…ァグアッ!」

一人目の種付けが終了した。

俺の口にはガチガチに勃起したチンポを挿入されており、吐き気は相変わらず続いているが、それ以上に、アナルの痛みが強烈だった…

突然、フェラしている男が俺の目隠しを取った。

「おっ!なかなかの男前やんけ(笑)」
「どれどれ」

男たち俺の顔を覗き込む。
涙やドロ、そして唾液で汚れた俺の顔をカメラで撮影している。
こんな姿を記録されてバラまかれたら…という不安がよぎるが俺にはどうすることも出来ない…

「おい、ケツマンコ空いてるぞ、誰も掘らないなら俺がいくぜ(笑)」

そう言うと2人めのチンポがケツへブスリと挿入された。
痛みは感じなかった。
きっと、1人めより小ぶりのチンポなのかもしれない。
冷静にチンポのサイズを測る余裕があることに自分でも驚きながら、相変わらず続く恐怖心と痛みが続くことに変わりはなかった。

「とりあえず、俺は一発だすぜ」

俺の口を犯し続けていた男がそう言うと同時に勢いよく大量の精液が放出された。
口の中に生臭いドロッとした熱い液体が流れ込む。

「こぼさず飲み干せよ」

鼻をつままれた俺には放出された精液を飲み干すしか選択肢はなかった。
喉を鳴らしながら精液を飲む…

「へへへへ、スッキリしたぁ、しばらく休憩で2発目は種付けだ」

そう言って俺の口からチンポを引き抜きベンチへ座りタバコを吸い始めた。
先ほど、俺のケツへ種付けした若い男もその隣に座り、陵辱される俺をニヤニヤしながら鑑賞している。

2本目のチンポを上下に咥え、俺は、ただただ、その状況に耐えるしかなかった…

2人目が種付けし、
3人目、
4人目、
5人目、

俺がカウント出来たのはここまでだった。
上下の口を1時間以上も犯し続けられ体力的に四つんばいになっているだけで精一杯だ。

つづく
FC2BlogRanking [18禁同性愛]

職場凌辱 運命編(4) 

前回のストーリー

「見ろよ、コイツの腹、パンパンになってるぜ(爆笑)」
「妊婦だ、妊婦!」

「よし、ハリガタ挿入して栓をしておくか」
「極太だな、これ」
「変態にはお似合いだぜ」

ローションをたっぷり塗ったハリガタをアナルへいきなり挿入した。

「グァッ!痛い!や…やめろ!」

俺はチンポを口から離し叫ぶ。

「うるせぇ!お前はチンポしゃぶってろ!」
「誰がフェラやめていいって言ったよ、変態!」

そういうと、大学生が俺の顔をビンタした。
その拍子でハリガタが抜け、アナルから勢いよく水が噴き出した。

「うわっ!汚ねぇ!」

アナルから噴き出した水がかかってしまったリーマンが激怒。

「お前、ふざけるなよ!」

そう言うと、腹を勢いよく蹴りあげた。
アナルからは、まだ勢いよく水が噴射しつづけている。

「へへへ、ケツ穴から大噴水だな」
「おい、見ろよ、こいつチンポ勃起させてるぜ!」

「先走り垂らして喜んでやがるぜ、もう一発蹴ってやるぜ!」

勢いをつけて別の男が腹を蹴る。
それに続いて、男たちは俺を踏みつけ、アナルから噴出した水でぬかるんだ地面へ顔を押し付けた。


ウグゥ… アァッ…

グゥゥ…

ゥゥ…


体中がドロだらけになった俺を取り囲み男たちは大笑いしている。
そして、日ごろの鬱憤を晴らすように暴力を続けた。
腹を蹴られ、顔を踏みつけられ、ケツや金玉を踏みつけられ俺は呻くしか出来ず、ただただ時間が経過してくれることを祈るだけだ…

一番の年長の男が口を挟む。

「おいおい、やり過ぎるなよ」

暴力に加担していない若い2人もそれに続いた。

「ケツマンコ早く使わせてくれよ~」
「早く一発抜きてぇ~!」

暴力をふるっていた男達もそれに答える。

「それもそうだな」

「殴るのは使ってからにしようぜ」
「てか、こいつのチンポ見ろよ!勃起してるぜ!」
「すっげぇ~!殴られても興奮してるってか(爆笑)よし!、犯しまくろうぜ!」

「ケツ穴もキレイになったことだしな」

それを合図にして、男達は下半身だけ裸になった。
ギャラリーに徹するつもりの2人は服を着たまま遠巻きにして見ている。

大学生っぽい男がドロだらけになった俺の体へ蛇口の水を直接かけてドロを落とした。

「こうしてみるとコイツってエロい体してるよなぁ~」
「水も滴る良い男ってか(笑)」

「ま、どうせ、こいつは性処理の道具だけどな、へへへへへ」

「俺一番!」

「若いお前は最低でも3発やれよ!」
「お安いごようっすよ(笑)」

そう言って一番若い男が四つんばいにさせられた俺のアナルへローションを塗りチンポをいきなり挿入した。

「グアァッ!!い…痛いっす!」
「性処理便器のくせに話すなんて意外っすわぁ~ハハハハハ」

若い男は俺を小馬鹿にしながらチンポを奥深く挿入し、その感触を楽しんでいる。
別の男がチンポを俺の口へ押し込んだ。

「ウグゥゥ…グゥ」
「へへへ…こいつの口マン最高だぜ。ケツはどうだよ、兄ちゃん」

「締まりがスッゲェ!最高っす…ハァハァ」

「ウグゥ…」

上下の口を犯される俺を取り囲むようにして8人の男が見ている。
中森はたんたんとビデオ撮影に徹し、他の男達も携帯で動画を撮ったり、写真を撮ったりと、凌辱される俺の姿を記録している。

つづく
FC2BlogRanking [18禁同性愛]

職場凌辱 運命編(3) 

前回のストーリー

男達は田中へ近づく。
全ての会話を目の前で聞いていた田中は恐怖のあまり震えるしかなかった。

「おいおい、兄ちゃん、武者震いか?嬉しいだろ?」
「へへへへへ、エロい体してるよなぁ~」
「金玉でけぇ~」
「てか、チンポの毛が無いって、変態丸出しじゃね?」
「自称ノンケってか(爆笑)」

男達は卑猥な言葉を発しながら田中の体を弄りだした。
中森は、ビデオカメラでその様子を撮影している。
中森以外の9人全員が田中の体を弄ってるわけではなく、その中の2人は遠巻きに田中が凌辱される行為を見ながらオナニーをしている。もともと、卑猥な行為を見ながらオナニーするのを望んでいたんだろう。

7人の男達に体を弄られ、敏感な乳首や亀頭を責められると、恐怖心よりも性的興奮の方が勝ってくる…

2人の男に左右の乳首をそれぞれに責められる。
思わず、「ンァアッ」と声を漏らした田中を男達は見逃すことはしない。

「こんな状況で感じてんじゃね~よ、変態!」
「お前を感じさせるために来たんじゃねぇぜ、俺達が一発抜く為に来たんだ!」
「そうそう、さっさと咥えろよ!」

ひとりの男がGパンと下着を脱ぎ勃起したチンポを田中の口へ押し込む。
目隠しされた田中にとっては不意のことで、一瞬のうちに根本まで口内へ挿入されてしまった。
吐き気を我慢しながら、見知らぬ男のチンポにむしゃぶりつく。

「田中くん、チンポ咥えて勃起させてますねぇ~」
「こいつ、相当の好き者だぜ」

「縛られてるのをほどこうぜ、ケツが掘れねぇ!」
「注射器でまずはアナル洗浄だな」

「水はたっぷりあるぜ、へへへ」

1時間以上縛られていた手首をほどかれてホッとしたのもつかの間、チンポを咥えたまま四つんばいにさせられた。水飲み場から勢いよく水が流れ、その飛び跳ねる水が田中の体を濡らす。

何の予兆もなく、アナルへいきなりプラスチックの細い棒が挿入され、冷たい水が直腸へいっきに流し込まれた。

「ンググゥァッ…!」

チンポを咥える俺は何も言えない。

「こいつ、嬉しいそうだぜ(爆笑)」
「チンポから先走りがダラダラ垂れてるしぃ~」
「変態だな、マジで」

「ングゥッ…」

直腸へ2度、3度、4度と、注射器から水が挿入された。

冷たい水が直腸一杯になった。

く…苦しい…
や…や…ぁ…やめて…

つづく
FC2BlogRanking [18禁同性愛]
ノンケのプリケツ&ケツ穴
jydtytyut.png
アクセスランキングTOP15


当ブログをリンクしていただくとランキングへ参加いただけます。
リンク

NewGサーチ
boys-bn.gif
sindbadggrgagr.gif
gayart.gif
gixlink.gif


アクセス数:
現在の閲覧者数:


出会い系